葬儀に参列するときの香典について

葬儀に参列する場合、難しいのは香典です。香典とは、香を供えるためのお金という意味合いがありました。しかし現在では葬儀にかかる費用は一括で葬儀を行う家が負担するため、一部を皆で負担するために、香典という習慣ができました。

いくらお渡しすればよいのか、ある程度の目安となる金額はありますが、故人との関係やその地域の目安といった、色々な要素で前後します。故人が会社関連の人や近所の方、友人といった人達ならおよそ5000円、多くても1万円以内くらいが目安となります。香典を渡すと、香典返しと呼ばれるお返しを頂きます。渡した香典の半額程度なので、多く渡し過ぎても相手の負担になってしまうことでしょう。

親、兄弟、祖父母といった近い親族の場合は1万、3万、5万、10万といった金額になります。地元の習慣なども影響しますし、当日や後日どのくらい手伝いができるか、といったことも影響します。兄弟がいるならお互い相談して、決めることも多いでしょう。

香典袋を用意したら、表書きを書きます。宗教、宗派によっても異なりますが、御霊前という表書きならどの葬儀でも利用できます。下には、フルネームを記入します。連名の場合も、全ての人の名前を書くようにします。会社関連の葬儀で、香典も一緒にまとめて渡す場合は、表には会社名やグループ名を書きます。一同の名前で渡し、中袋に個々の名前を記入します。中袋には、受付の人やご家族が分かりやすいように、住所、氏名、香典の金額などを記入して入れておきます。