葬儀で気を付ける服装のポイント

葬儀というのは、人生の中で突然発生するものです。いつも備えができているわけではないかもしれません。まずは身なりについて考えましょう。

知り合いや親族が亡くなると連絡があり、まずはお通夜に参列します。それほど親しくない場合は告別式、葬儀のみ参列する、というのが普通です。親族などなら、とりあえず急いで参列するということが多いことでしょう。お通夜は格式ばった場ではないことが多いため、グレーや黒といった地味な色の服装なら、ある程度何でも大丈夫です。例えば、仕事帰りの黒いパンツスーツで訪問しても大丈夫です。学生なら制服であれば特に問題ありません。お通夜は自宅で行われることも多いです。靴を脱ぐ機会があるため、大人であれば靴もなるべく地味なもの、黒か紺といった色が好ましいです。

病気などで予想がつく場合、また急ぎで参列するのではない場合は、ブラックフォーマルといった黒の喪服が良いでしょう。男性はお通夜の場合、黒ネクタイと黒い靴下でスーツは普段通りのものでも大丈夫です。葬儀も同様に、ブラックフォーマルの洋服などが一般的です。

葬儀後に、訃報を知るということもあります。また葬儀は近親者だけで行うという場合もあります。後日香典を持っていったり、お悔やみを伝えたりする場合は、地味な服装で訪問すると良いでしょう。女性の装飾品もなるべく避けた方が無難です。マニキュアなどもせず、お化粧も地味なもの、目立たないものが好まれます。故人の家族に配慮して、華やかにならないように気を付けるといいでしょう。