いざという時あわてないために、葬儀で抑えておきたいポイント

万が一に備えよう!葬儀に関するあれこれ

万が一に備えよう!葬儀に関するあれこれ 葬儀に参列したり、行ったりという経験は誰もが一度はあるものです。今まで経験がなくても、これから参列しなければならない、ということもあります。大きな病気以外なら、ほとんどが予想しない時に突然発生するものです。葬儀はどのような流れで行なわれるのでしょうか。

まずお通夜です。遠方などでどうしてもお通夜に参加できない場合は葬儀だけ参列する、ということもあります。お通夜は夜間に行われ、ある程度時間の幅があるので、少し遅れても駆けつける、という選択肢もあります。親族や親しかった人が集まって、故人の思い出を語ったり、葬儀の準備を行ったりします。

葬儀は大体次の日に行われることが多いです。一緒に告別式も行われ、故人と最後のお別れを行います。最近は家族や親戚が遠くに住んでいたり、高齢に伴って親戚も参列する人が少なくなっている、という問題があります。亡くなる方も高齢で施設で亡くなったり、看取る人もいなくなっているということも起こっています。葬儀に間に合わない遠いところに家族がいる、ということもあります。そのため、儀式を簡略化したり、短い時間で行えるよう工夫する人達も増えてきました。

火葬が終わって、遺骨を拾うなどの儀式を行ったら一通りの葬儀は終了です。初七日や四十九日といった節目に、儀式を行う人もいれば、高齢などの事情で簡略化する人もいます。葬儀を執り行う側として気を付けることとは何でしょうか。初めてのことばかりでとまどったり、分からないことが多いものです。自分たちがお願いするお寺の方や葬儀社の方に聞いて儀式を進めていきます。葬儀自体は葬儀社の方主体となって、滞りなく終わっていき、香典などを受け取ります。お返しをその場でするとしても、後日行うとしてもどの方から頂いたのか確認しておくことが大切です。

一連の儀式の後も行うことがたくさんあります。疲れすぎないように体力をコントロールして、お手伝いをお願いできる分野は人に任せることも大切です。葬儀に参列する側はどんな点を確認すればよいでしょうか。お通夜、葬儀の日程をまず正確に確認します。近親者だけで葬儀を行うのか、他の人も参列できるのか聞いておきます。お通夜は近親者で行われることが多いため、親戚などでお手伝いが必要なら積極的に手伝うようにします。葬儀を行う側は忙しくて、見えていないこともあるため、細かな気遣いを感謝されることでしょう。葬儀の際はあまり時間もないため、簡単なお悔やみの言葉を述べます。

お知らせ